到着してすぐの Lenovo s21e 、と毎回書くのは面倒なので Lenovo と書いていきます。起動すると Windows 10 のセットアップ画面になるのはお約束、少しスペックを見ていきましょう。まずはシステムから情報をみるとこんな感じです。

lenovo01.PNG

Celeron を認識しているのと、メモリは 2GB なのが残念な 64bit マシンという形です。ストレージの空き容量をみると、44GB ぐらいが空いている状況です。もし、これが 32GB のストレージだった場合は、残り 12GB との戦いになるわけですよね。

lenovo02.PNG

実際に 64GB のストレージの速度はどんな感じでしょうか?CrystalDiskMark でチェックすると以下のような数字が出ました。書き込みは遅いものの、HDD よりも少し遅い程度でしょうか。思ったよりも高速に動いている気がします。

lenovo03.PNG

さて、ここから Microsoft Update を適用するとストレージの空きはどうなるでしょうか?ということで早速 Microsoft Update を適用して、Windows 10 1511 の適用まで実施してみました。

lenovo12.PNG

一気に空き容量が減ります。これは、Microsoft update のキャッシュだったり以前の Windows のイメージを残す形になるためです。もちろん、ディスククリーンアップを利用すると、対象となるデータの削除ができます。

lenovo11.PNG

次回は回復ディスクの作成をして、バックアップ > リストアの実践をしたいと思います。

広告