前回の記事では、SQL Database に Sitecore のデータベースを置くということで、より Azure にネイティブな使い方をしましょう、というのを紹介しました。とはいえ、実際に Sitecore のインストーラーはまだ SQL Database に対応していないため、SQL Database のセットアップが必要になります。

今回は、その手順を紹介します。代表的な手順は、以下の URL をご覧ください。

この手順が一番簡単ではありますが、今回の記事では Visual Studio の SQL Server オブジェクトエクスプローラーを利用した手順を紹介します。

まず Visual Studio を立ち上げて SQL Server オブジェクトエクスプローラーの画面を開きます。今回は、インストール済みの Sitecore のデータベースをそのまま SQL Database として展開する手順となりますので、ローカルの SQL Server にも同時につなげます。

azure02
表示メニューから起動
azure03
SQL Database は事前に準備

まずは Core データベースを移行しましょう。移行したいデータベースを選択して右クリック、まずはスキーマ比較を開きます。

azure04.png

続いて、手元の Core データベースと SQL Database 上の Core データベースを選択します。左側はソース、右側はターゲットとなります。

azure05

比較のボタンを押すと、差分をとります。今回は新規セットアップなので、全スキーマがカウントされることになります。結果は以下のような形で表示されます。

azure06

この際、更新のトリガーを押すと、スキーマが反映されていきます。

azure07.png

ターゲットの更新状況は、以下のような感じで表示されます。更新が正常に完了しました、と表示されれば完了です。

azure08.png

これでスキーマが反映されました。続いて、データの比較を行います。まずはダイアログでソースとターゲットを選択します。今回は初回ですので、全部チェックしておきましょう。

azure09

続いてテーブルとビューを選択できるようになっていますので、今回は両方選択します。

azure10

このあと差分のレポートが出てきます。

azure11

あとは、ターゲットの更新を実行することで、Core データベースを SQL Database 上に展開することができました。これと同等の手続きを、Master と Web に対して実践します。

今回は Sitecore のデータベースのセットアップを Visual Studio の画面上から設定するのを紹介しました。

広告