新しい Apple TV が出たので購入しました。HDMI ポートをもう一つ埋めるべく、つないでいきます。開封すると、Apple TV と今までと異なるリモコンが入っています。
IMG_0828

箱から出すとこんな感じです。

IMG_0829

以前の Apple TV と比べてみましょう。まずはリモコン。

IMG_0830

こうやってみると、それほど大きな違いはありません。とはいえ、薄さは以前の方が薄いですけどね。それでは本体はどうでしょうか?

IMG_0833

左側が新しいやつ、右側が以前のやつ、ということで実は大きさ変わってない感じではあるのですが、そんなことはありません。厚さを見てみましょう!

IMG_0834

左が新しい Apple TV で右側が古い方です。古い方は、当然ながらメモリもないし単なるビューアー的なデバイスでしたが、新しいのはメモリも積んでちょっとしたセットトップボックス、そら厚みがでますね。では、実際に TV につないでみましょう。

まず最初に言語を選択します。

IMG_0836

続いて、国を選択します。当然日本。

IMG_0837

さて、Apple TV の設定をするわけですが、ここでも以前の Android TV と同じような感じで、デバイスで設定ができます。キーボードがない Apple TV ですので、デバイスでやるのが楽です。これができるのは、iOS 9.2 以降のデバイスになります。

IMG_0838

デバイスで設定のステップは以下の通りです。iOS デバイスを準備して、Bluetooth をオンにして近づけるだけ。

IMG_0839

デバイスの画面に、「Apple TVを設定しますか?」と聞いてくるので、続けましょう。

IMG_0840

画面は省略しますが、Apple TV で利用するアカウント、パスワードの設定は iPhone を利用して入力できます。便利なもんです!それこそ、Apple にデータを送信するなど、そんな設定も iPhone の画面でできます。

IMG_0844

終わると、幾つか追加の設定をします。まずは位置情報。動かさないよね!と思うんですが、とりあえずオン(笑)

IMG_0845

せっかくなので Siri もオンにしておきます。

IMG_0846

スクリーンセーバーの設定ができます。これ、すごい綺麗でいいですよ。自動的にダウンロードにしておきました。

IMG_0847

そして利用条件に関して同意すると、以下のように iTunes Store で購入した映画だったり、オススメのアプリなどが出てきます。ここでも、Netflix や Hulu が使えるようになりますが、私としてはこれまで購入した映画がこれだけで観れるのはすごい嬉しいです。

IMG_0849

純粋に、Apple の端末として使うなら以前の Apple TV でもよかったのですが、今後に期待して新しいものにしてみました。ま、ストレージがある分、快適に使えるかな。

広告