うちの家のテレビなのですが、ビクター(すでにテレビから撤退、当時亀山モデルとしてシャープよりも安く買えたのですw)の Full HD ではないものを利用していました。かれこれ8年ぐらい。当時はめちゃくちゃいい値段で買ったのですが、HDMI 端子は1つしかないので苦労をしていたわけです。どうせ買い換えるなら、4K の面白いテレビを買いたい、と思って Sony の Android TV を買いました。

今までテレビ頑張ってくれてありがとう! 活躍してくれたのは、ビクターの 37 インチテレビでした。

IMG_0673

ようこそ我が家へ!Sony の 43 インチテレビです。

IMG_0674

このテレビの特徴は非常にシンプル。Android TV ということでテレビ自体が多機能なのです。それにしても、テレビも軽くなりましたね。従来のは腰を悪くするかと思う重さでしたが、一人でも楽々移動できます。画面大きくなったのに。

それでは電源を入れてみましょう。電源を入れるとAndroid のロゴが出てきて起動しています。普通の Android と同じ画面。WiFi とか少し設定を進めていくと、ログインを促してきます。

IMG_0675

ここでは「携帯端末またはノートパソコンを使用」を選択してみるとどうなるでしょう。このサイトにアクセスしてね、という画面が出てきます。

IMG_0676

Android の端末を持っているので、早速アクセスしてみましょう。

IMG_0677

それで該当する番号を入れるてみます。

IMG_0678

これでまず端末との連携が完了しました。テレビ側の画面はこうなります。

IMG_0679

あとは端末からログインをするだけです。

IMG_0680

これで手続きはおわりです。

IMG_0681

このように手元に PC やスマホがあれば、テレビのリモコンで黙々と ID とパスワードを入れて、というのより簡単に作業をすることができます。なお、上記の番号はやり直すと再度別の番号が生成されるので、すでに利用済みのものなのでそのまま載せちゃいました。

このあとテレビの設定(先にそっちじゃないの?と思うのはぐっと抑えて)、

IMG_0682

などなどをしていると、設定が完了となります。なお、WiFi の設定をしているとシステムの更新が現れます。2015年10月にリリースされたシステムの更新では、Nasne に対応したり、HDD をつなげるとそこにテレビの録画ができるようになるなど、正直このリリースが出るまでは単なる低機能テレビに近いモードでした。

ちなみにうちのテレビはアップデートに失敗するのが繰り返されたのでサービスマンの人に来てもらって更新をしてもらいました。なんか、コンセント抜くとか色々やってましたが、何が原因か不明で結局更新できたという。

このテレビ、多機能ですが HDMI ポートが 4 つになったので、色々とガジェット繋いで楽しめるようになりました。そのあたりをしばらくブログでは紹介していく予定です。

IMG_0713

後編では Android TV を使ってみた感想をまとめます。

広告