iOS 9 から提供開始された画面分割の機能、ちょっとわかりにくかったので調べてみました。

用語もちょっとわかりにくい感じですね。

  • スライドオーバー
    アプリを起動中に、右側に別のアプリを重ねて表示することです。表示が終わったら、また右側に消えていきます。
  • スプリットビュー
    画面を分割している状況のことです。常に2つのアプリを表示しているモードと思ってください。

この機能は、iOS 9 以降、今日現在(2015年9月17日)では対応機種が限られています。スライドオーバーに関しては、iPad Air と Air 2、iPad mini は 2 以降対応していますが、スプリットビューは iPad Air 2 以降( iPad mini 4 や Pro )という形で、それなりのリソースが必要なようです。

スライドオーバーでアプリをチラ見するだけでなく、常に2つ表示するのであればスプリットビューに切り替える、そんな感じのオペレーションとなります。

スライドオーバー

これは簡単です。右側からスワイプしましょう。するとアプリ一覧が右側に表示されます。

スライドオーバー
スライドオーバー

ここで右側で使いたいアプリが一覧に出てくるのでクリックして起動しましょう。左側のアプリに切り替えると、スライドオーバーしている画面は右側に消えていきます。

スプリットビュー

右側に消えてもらうと困る、ということであれば2つの画面分割モードにしてしまいましょう。長押しすると、画面をどの位置で分割するのかを決めることができて、場所を決めればこんな感じで画面分割できます。

スプリットビュー
スプリットビュー

上の画面は Word と OneNote の画面を分割して表示をしています。画面のリサイズをしたい場合は、分割をしている黒いラインのところの | の部分をタップして左右に動かせば割合を変えることができます。右側の表示を止める場合は、その部分を一番右側まで動かせば良い形です。

なお、画面分割に関してはすべてのアプリが対応しているわけではありません。このため、スライドオーバーをした時に右側に出てくるアプリは対応アプリのみです。また、メインのアプリ(左側)がスプリットビューに対応していない場合は、やはりスライドオーバーで右側からチラ見できる程度で、同時に表示して使うということはできません。

私の端末だと iOS 標準アプリ系と Office 関連が一通り使える感じでした。ゲームしながら Facebook という感じの使い方は今の段階ではできない状況です(アプリが対応したらできます)。

広告