Windows 10 から Xbox One との連携の機能が強化されました。実際に、Xbox One を起動してつなげてみて、Surface 3 からゲームをやってみましょう。

今回はついでに、ワイアレスコントローラーを追加購入しました。これをまず、Windows 10 の立ち上がっている PC の USB ポートでつなげます。

20150806_034210738_iOS

続いて、Xbox のアプリを立ち上げてみましょう。Windows 10 から復活したスタートメニューに登録されています。

xbox 1

このアプリを起動して、Xbox One つなげる準備をするとこんな感じです。

xbox 2

すでに繋げていれば、ここから電源オンで起動できます。起動すると、とりあえずはこんな感じの画面になります。

xbox 4

起動したあと、テストストリーミングを実施してみましょう。

xbox 3

とりあえずワイアレスでつながるようですね。ちなみに、Surface 3 と Xbox one のコントローラーはこんな感じでつながっています。

20150806_034808235_iOS

ストリーミングを開始すると、Xbox One の画面がワイアレスで飛んできます。

20150806_035323688_iOS

実際に、Halo を起動してみます。

20150806_035358079_iOS

ここからは普通にゲームができました。Xbox  One のゲームを家庭内であれば、テレビの無いところでもゲームができるようになるわけですよね。インターネット経由でゲームができるようにするためには、VPN とか組んじゃえばできるかもしれませんが、実はそこまでやるゲームが私の手元にはありません。

NetFlex が9月から開始みたいなのですが、Xbox One で対応すれば便利かも!と少し思いましたが、それは Windows 10 で見ればいいのか、とも気付く。リビングのテレビを取り合いしてしまう家庭では、この機能は活用できそうですね。

広告