先日、 Apple Watch を買いました に投稿をしてから使っていますが、感想としては良くできてるな、というところと、ここは期待はずれ、という部分もありますが、おおむね満足をしています。まだ数日でのレビューになりますが、参考にしていただければと思います。

Apple Watch の使い方

最初に評価する前に、1点だけ先に書いておきます。Apple Watch は今のところ Apple Watch 単独でできる機能は限られており、 iPhone のサブディスプレイが手首に来る、というイメージが一番わかりやすいと思います。

たとえば、Runkeeper が Apple Watch に対応をした、という形になっているわけですが、iPhone とつないでいない状況で利用しようとすると、こんな感じの画面になります。

20150503_134824000_iOS

つまり、Runkeeper の機能を使うためには iPhone 本体が必要で、一緒に持ち歩かないといけません。となると何ができるかというと、スタートとかそういうのを画面で操作するのを、Apple Watch でできるようになる、という形です。家に iPhone をおいてというわけにはいきません。残念。

とはいえ、こういうのは Apple Watch の OS がアップデートしてアプリが対応をして、ということで将来的には対応できるようになるのかもしれません。Apple Watch の説明で展開されているエクササイズ機能(標準)は Apple Watch 単独で利用できますが、サードパーティに関してはあまり過度な期待をしないほうがいいです。

そうそう、バッテリーは1日持たない!という話ばかり出ていますが、そんなにいろいろとするわけでもないのであれば2日は大丈夫な感じの消費状況です。まぁ、iPhone よりは持つ、という風に考えれば、出張のとき意外は充電ケーブルは家においておくのでぜんぜん大丈夫でしょう。

Apple Watch の気に入った点

と Apple Watch がどういうものか簡単に紹介をしたあと、続いてよい点に関してです。たとえば、移動中に iPhone を見るというケースが減りました。

これまで腕時計をしない生活では、時間の確認に関しても iPhone を見ていたわけなのですが、それが無くなりました。まぁ、そらそうですよね、腕時計ですから(ちなみに下の画面の赤い iPhone にバツが入っているのは、iPhone とつながっていないというモードです)。

20150503_134829000_iOS

アプリで駅すぱーとを利用しているのですが、一度検索した結果に関しては Apple Watch で確認をすることができます。電車に乗ってから、到着時間何時だっけ?と改めて確認しているときの画面はこんな感じです。

20150503_044558000_iOS

検索をして乗り換えの経路を確認することができるようになります。地味にこれ便利です。到着時間何時だったかなーというのがなくなります。

こうなると、iPhone を基本かばんの中に入れておくので OK という形ですよね。なので、Bluetooth で音を飛ばして通常のイヤホンが使えるこういうのを買いました。

20150503_061805436_iOS

これで、iPhone をかばんの中に入れておいても、iPhone のリモコンである Apple Watch が手元にあるので、音楽の制御をすることができるようになります。Apple Watch はリモコンになるわけですね。

あとは飛行機に乗るときは、JAL のカウントダウンがん便利です。定刻どおり飛ぶのかどうか、もわかりますね。

20150502_232932000_iOS

これ以外には TripIt や SPG 、ANA のアプリも入れていますが、それほど今は使っていません。上記の使い方が主な形です。

これで iPhone をかばんに入れっぱなしに。。。となるともうひとつ変わることがあります。用は、iPhone で液晶画面に何かを表示する、ということをするわけではないので、iPhone のバッテリーがそれほど減りません。これは思わぬ効果です。画面の表示がバッテリー消費の要因になっていることを考えると、Apple Watch がセカンドスクリーンとして機能している、というところでしょうか。

Apple Watch の改善希望ポイント

これはもうアプリ連携の部分に関して、もう少し強化してもらいたいというところです。iPhone との連携でセカンドスクリーンとして使いやすい、のもいいのですが単独で使えるアプリが充実して欲しいです。1 時間ぐらいのジョギングであれば、 Apple Watch + Bluetooth のヘッドフォンだけで Runkeeper が使えるといいです。

もちろん標準でエクササイズのアプリがついているので、これからジョギングを始める方とか、特にデータは気にしない、という方には気にならないポイントかもしれませんが、Runkeeper に今のところデータをまとめている私としては期待したいところ。

それからオフラインでもいろいろとできるように(これはアプリ側の対応も必要)して欲しいですね。こういうのは、Apple Watch の OS もバージョンアップできるようになっているので、今後に期待したいところです。

広告