先日購入した HP Stream 11 に Windows 10 Preview が出たのでインストールをしてみたいと思います。ちなみに、リカバリーエリアの削除など、今回の手順は大胆な形で実施しているため、ほかの方にはおすすめできません。ご了承ください。

10896835_10153007038039063_9091140078799278623_n

なお手に入れた時の記事は以下の通り。

アップグレードインストールができない

Windows 10 Preview に関してはアップグレードインストールも提供されています。

これを実行してみると、こんな感じのメッセージが出てきて終わります。空き容量とかではなく Windows が少ない容量で動くものが入っているので NG という形です。

1512454_10153107541639063_6800349978262648285_n

ということであきらめて ISO ファイルをダウンロードして、インストールすることにします。

ファイルシステムの違い

インストールをする際に、まだまだはまります。1点は、USB ブートに関して。これは BIOS を開いて Legacy Support を Enable にして、ブート順を USB にすることで解決をしました。

20150130_063421246_iOS

続いて、インストーラーを立ち上げてもインストールができないという警告が出てきます。これは、ブートの仕組みが MBR の形式から GPT 形式となりました。これにより、普通に Windows 8.1 がインストールされている環境を削除するだけでなく、ブートの部分に関しても変更をしなければいけません。ということで、今回はすべてのパーティションを削除、そして Windows 10 Preview をインストールすることにします。

なお、インストーラーが動いている間からなのですが、 Stream 11 のタッチポインタ(手元のマウスのかわりになるやつ)が全く反応しません。これで本当に苦労します(笑)

起動から使えるようになるまで

さて Windows 10 preview は起動します、が手元のタッチが動かないので、マウス操作ができない。ここですごい感じたのが、この手元のマシンはタッチパネル対応ではないため、マウスが認識できない場合のキーボードのみの作業が劇的にやりにくいのです。WiFi の設定が途中であるのですが、ここがうまくいかない。これ、インストーラーに関して改善の余地あり、という感じです。

何とか立ち上がるものの、マウスがないとやっぱり使えない環境が続きます。ということで、以下の URL から Bluetooth 周りのドライバーをダウンロードして、インストールをしました。あれもこれも入れたので、どれが効いたのかわかりませんが、何とかマウスがつながって作業ができるようになりました。

インストール完了後の空き容量はこんな感じです。

win10-02

なお、Windows 8.1 with Bing の設定後のディスク容量はこんな感じです。

10384594_10153007061114063_5300627314622848917_n

リカバリーエリアを削除したのでディスク容量は 7GB 増えている計算になりますが、インストールしている Windows がコンパクト版ではなくなったので、結果空き容量は以前のほうが多かった、ということになります。

なお、この後 HP のサイトからドライバーをダウンロード、インストールをすると手元のパッドが使えるようになりました。

とりあえず使えるようになりました。この安物マシンで Windows 10 Preview の評価と気づいたところがあればフィードバックするようにしよう。

広告