Surface の熱烈ファンの人は、すでに Surface Pro のドックを利用していると思います。今回、 Surface Pro 3 では画面サイズが変わったということもありますが、ドックも新しくなるという感じになっています。

それでは、以前の Surface Pro をドックに接続している状況を見てみましょう。下の写真は、ドックに最終的にガチャンとハメる手前です(左右を閉じてはさむような形で接続完了です)。

20140630_040057180_iOS

左右の部分を少し拡大すると、左側は USB 端子、右側は電源供給の部分が提供されている形です(下図)。

20140630_040102667_iOS20140630_040116648_iOS

それぞれの位置を確認すると、まず左側の USB ポートの部分、だいたい似た場所にあるのですがミリ単位でずれているイメージがわかるかと思います。上が Surface Pro 3 、下が Surface Pro です。

20140630_040239283_iOS

これにより、 USB ポートの位置がずれていて左側が刺さらないというのもわかります。惜しい!ではこれがほぼ同じ位置だったら大丈夫だったか?というと、右側の役割が全く変わっています。

20140630_040259915_iOS

同じく上が Surface Pro 3 で下が Surface Pro になります。右側から給電やらなんやらしそうな部分があるのですが、ここがボリュームボタンに代わっています。

ということで Surface Pro 3 をドックとともに使う場合は、新しく対応したものを購入しましょう。

当然の結果、という感じですが調べたのでご報告までに スマイル

広告