Windows Phone 8.1 になるとまずはタイルをたくさん並べれるので助かります。どーんとこんな感じで並べてみました(使いながらチューニングしていきます)。

wp_ss_20140415_0029

上のようにたくさん並べれるようになると、ライブタイルのアプリをどんどん使いたいところ。これは Windows Phone 8 の頃からリリースされているニュースをスタートに追加することにしました。これ Windows 8 のニュースと同じものを見れるんですよね。例えば、上のようなライブタイルのころ、 Windows 8 のニュースアプリがこんな感じの時、

image

Windows Phone 8 のニュースを開けばこんな感じです。

wp_ss_20140415_0033

アプリは Windows Phone 8.1 の新機能ではありませんが、ライブタイル対応のこういうアプリが使えるのはいい感じです。できれば、既読などもマイクロソフトアカウント経由で連携してもらいたいです。

続いてやはり試したいのは、Cortana ですね。音声認識で回答してくれる優れものですが、設定を米国にしなければいけません。Language を English ( United States )、 region を United States, English ( United States )に変更します。ちなみにそれぞれ再起動が入るので、ちょっとめんどくさいです。

wp_ss_20140415_0025

この設定が終わると、音声認識アプリの Cortana を起動させることができます。

wp_ss_20140415_0030

ここで話しかけます。簡単に「 I’m looking for starbucks.」なんて話しかけてみたところ、近所のスターバックス一覧が出てきました。いや、英語で話しかけるのでいいので、日本語 UI からも使えるようにしてください!!マジ面白い!!

wp_ss_20140415_0031

ちなみに1点、 Windows Phone 8 から Windows Phone 8.1 で変わった点に関して、スクリーンショットを撮るボタンが変わりました。以前だと Windows ボタン + 電源ボタンだったのですが、今度は音量大ボタン + 電源ボタン となりました。これは、 Windows ボタンがなくなる前触れなのでしょうか。

wp_ss_20140415_0018

ということで、軽く評価してみたレビューでした。ご参考までに。

広告