自分向けのメモという感じですが、 Amazon EC2 に展開している Windows Server のシステム領域を拡張させる手順を簡単にまとめておきます。Windows Server 2008 R2 とかだと 35GB の容量で、あまり余裕がありません。別のディスクをマウントするとしても、システム領域は多少余裕を持たせたいところです。

念のため、まずはインスタンスを停止させてしまいます。

最初に、現在のディスクに対しての Snapshot を作成します。 Elastic Block Store –> Volumes を開いて、該当するボリュームのスナップショットを作りましょう。

image

続いてメニューから、 Elastic Block Store –> Snapshots を開くと作成しているのがわかります。

image

作成状況に関しては、右上の image をクリックすると % が変わっていくのがわかります。終了するまでしばらくお待ちください。

出来上がると、この Snapshot をベースにボリュームを作成しましょう。

image

今回はこんな感じで設定をしてみました。

image

Yes, Create のボタンを押すと、新しいボリュームの作成に入ります。出来上がりはこんな感じ。

image

では、35GB のディスクではなく 100GB のディスクをインスタンスに割り当てましょう。まずは、今の 35GB のボリュームを Detach Volume 実行します。

image

実行してもええのんか?と聞いてきます。

image

Yes Detach を実行して外します。続いて、今作った 100GB のボリュームをアタッチしましょう。

image

どのインスタンスに割り当てるのか、あとシステムのルートは /dev/sda1 なので Device はこれを記載します。

image

これで入れ替え完了、続いて停止させていたインスタンスを起動します。起動が完了したあと、ディスクの管理を起動しましょう。

image

追加した 65GB が見えてきました。では増やしましょう。

image

実行するとこんな感じ。

image

広くなりました!

※ 広くしてみてから気づく、 100GB も必要だったかな (^^;

広告