最後は有名なブルーラグーン、あと今回最大の目玉となったオーロラを紹介します。

ブルーラグーンは、アイスランドの地熱発電所の近所にある温泉です。海外ですので裸で入るわけでもなく、水着が必須ですが、その分カメラとか持ち込み OK です。私の防水カメラの得意な分野です。

P1000855

初日に来たときは夜だったので、こんな感じでした。

P1000858

何がブルーなのかわかりませんね?ということで土曜日に飛行機の時間の都合でもう一度明るい時間帯の時に行ったので、それを見てもらいましょう。遠くからもブルーラグーンの場所が何となくわかります。ちなみに、太陽はこれ以上高くに上がることはありませんでした(さすが北の方の島)。

P1010006

いえー、着いたぜ!

P1010031

さぁ、ブルーラグーンが青い、というのを見てもらいましょう。こんな感じです。

P1010042

P1010046

P1010126

青いのがわかりますよね。足元はヌルヌルしていて、温泉という感じです。みんな肩まで浸かっているのは、深いのではなくて寒いのでみんな浸かっているのです。そして温まるほどの水温でもないので、浸かっているのが一番気持ちいいのです。とはいえ、奥の方に行けば私が立っていてちょうどいい感じでした。あと、息を吸った状態で止めると、浮きます。力を抜いてプカプカ浮いたりしている人もいました(私もちょっとやってみましたが、難しかった)。

では最後のメインディッシュ、おと次の写真はエビで私が今回の出張で一番おいしかったやつですが、まぁとりあえずメインのお話に。

P1000891

晩御飯を食べ終わったのが8時過ぎ、そこからジープで「オーロラハンティング!」に行きます。現地では、ノーザンライトと言われているそうで、ノーザンライトツアーとして申し込みをすると分かりやすいそうです。今回は、40 人ぐらいの社員が移動してなので、ジープが 10 台ぐらいで移動していきます。

P1000904

そして私のカメラで撮れたベストショットがこちらのオーロラ。うっすらと左から右の方に、緑色の線が出ているのが見えるでしょうか?目で見るともっとしっかりと見えていたのですが、カメラだとこの明かりを撮るのは難しかったです。

P1000908

オーロラ、きれいだった。もっときれいなオーロラを真上で見たい!イエローナイフ(カナダ)に行きたい!!という気持ちが大きくなりました。

最後におまけ、バスツアーのガイドのおばさんが「ここがアイスランドのベストレストラン」と豪語していたホットドックを最後の日に食べました。ホットドック単品でもカードで購入することができるのが驚きです。

P1000983

これがホットドック、普通においしかったです。というか、あちこち行ってもホットドックは名物だったりするような気がするのですが、気のせいですかね。。。

P1000978

ということで、アイスランドへの道はここまで、行きたい人でわからなことがあれば @haramizu までご連絡ください。わかる範囲でサポートさせていただきます(ブログにほとんどの Tips 書きましたが)。

広告