先ほど、たとえばハワイに行くプラン という感じでお得に海外に行く、という話を書きました。とはいえ、255,800 円で 10798 プレミアムポイントは本当にお得なのか?というと難しいところですね。

すべて調べていませんが、過去一番効率よく貯めた海外旅程はニューヨークでした。たとえばこんな旅程。

image

片道で 4,715 プレミアムポイントなので往復で 9,430 プレミアムポイントになります。国内だと、沖縄が一番距離があるのでちょっと調べてみます。ポイント換算値は、 12.8 ということで非常に高い値です。

すべて往復のチケット代です(旅割は便によって変動しますが安いやつを選んでみました)。

旅割 36,340 円 2,952 ポイント 12.3
特割 66,740 円 3,752 ポイント 17.8
ビジネスキップ 72,940 円 4,736 ポイント 15.4
プレミアム特割 80,140 円 5,720 ポイント 14.0
プレミアム運賃 91,940 円 6,704 ポイント 13.7
プレミアム株主優待 51,140 円 5,720 ポイント 8.9

一番右の数字は、金額 / ポイントということで、プレミアムポイントが何円換算になっているかがわかります。たとえば株主優待券を 5000 円でゲットできるのであれば、10.7 になりますので、一番割合のよさそうに見える旅割よりもお得な数字は維持できるわけです。

沖縄往復は国内といえど、1日でやれば1日つぶれるぐらいの距離です(疲れます)。また、旅割・特割は日付や便の変更ができないので、旅行のスケジュールをしっかり決めていくのであればいいのですが、そうでない場合は使いにくいですね。あとは予算に合わせて、飛行機に乗るといいと思います。

さてニューヨークよりもプレミアムポイント的に沖縄がお得に見えますが、大きな違いは1点。貯まるマイルの量が全く違います。沖縄往復をプレミアム運賃で行った時場合は、往復 2952 マイル、ニューヨーク往復は 9,430 マイルとなります。これが、ブロンズ以上になるとボーナスマイルがつくので差が大きくなります。ということで、マイルも貯めて次の旅に e クーポンにしてしまおう、という策略がある場合は、ニューヨークがお得です。

あと忘れてはいけないのは、時間と体力ですね。ニューヨークは本当に遠いです(笑)

広告