先日、Bing Maps で Photosynth を楽しめない の記事を書きましたが個人的には Bing Maps に期待をしている、というのがあります。以前よりも状況を好転させる要素がたくさんあるので、ちょっとブログにまとめてみます。

まずノキアと Windows Phone に関する提携をしました。IT Media のニュースを見てみましょう。

ここに、ノキアの Ovi Maps という話があります。地図情報に関する部分を強化させるというのはいいのですが、もうひとつ別の視点があります。ノキアの子会社で Naviteq という会社があります。すでに地図データとしては Bing Maps ですでに利用をしています。たとえば、フランスで検索をしてみます。

この画面の右下をご覧ください。

image

すでに NAVTEQ と連携をしています。そういう意味では、すでにノキアグループとは連携はしていることになります。では Ovi Map のサイトにアクセスをしてみましょう。

ちょっと画面をずらして、画面を見てみましょう。

image

実はどちらもベースは同じなんですよね。ただ、NAVTEQ に関してはちょっと残念な地図情報になっています。Bing Maps は日本の地図に関しては ZENRIN を利用しています。

image

Google Maps も ZENRIN のみ。

image

ということで、地図データに関してはノキアと密接に連携するのは非常にいいことなのと、日本では ZENRIN と連携すればナビゲーションなどもきちんと作れるということがわかります。作ってサービスを展開するのを早くしてほしいなぁと思うわけです。

ということで期待しています。

広告