iPhone 版で提供開始した Photosynth アプリ、Bing Maps にアップする方法を紹介します。まず、初めて利用するときにはこのように「位置情報」に関する確認が出てきますので OK を押しましょう。

IMG_0008

準備はこれだけ。さっそく Photosynth 用の写真を撮っていき、撮り終わったら自動的にパノラマ作成をしていきます。

IMG_0009

ここに、「edit properties」という項目があります。データ加工中でもこの項目を選ぶことができますので画像のデータを入れておきましょう。次の写真にある Name 項目の Untitled の右にある edit を押して、項目の名前を入れておきます。

IMG_0010

出来上がりました。ここからアップロードをしていくわけです。

IMG_0013

Share のボタンを押します。

IMG_0014

ここでアップロードする順番としては、「upload to Photosynth.net」で写真のデータをアップロードします。

IMG_0017

アップロードが終わったら Bing Maps にアップロードするために再度「Share」ボタンを押しましょう。

IMG_0019

ここで撮ったよね?という確認ができるので publish をします。Photosynth.net にすでにアップロードしていれば Bing Maps にアップロードをするのはほんのわずかです。出来上がりはこんな感じです。まずは Photosynth.net 上での表示。

Photosynth1

この画面の下の方に行きましょう。少し上の画面とは違う縮尺ですが。

Photosynth2

左下の Locatoin に Bing Maps で設定した場所が、まが近所の写真が Related Photosynths ということで表示されています。

続いて、See this panorama on Bing Maps  もしくは地図をクリックしてみると、Bing Maps に様々な Photosynth が配置されていることがわかります。

Photosynth3

このように、写真を地図に置くことができるため、近くにある写真を楽しむことができます。これは非常に便利です!だがしかし!!この Photosynth の機能を Bing Maps 日本語版では使えないのです。使えない理由を次の記事で紹介します。

広告