先ほど、Photosynth のデータを Bing Maps にアップしよう!という記事をアップしましたが、ここで日本の Bing Maps に残念なことがあります。なんとこの機能に対応をしていないのです。改めて、Bing Maps での画面を見てみましょう。

Photosynth4

上のメニュー以外はすべて英語ということがわかります。日本の Bing から地図にたどり着くときはどうなるのでしょうか?地図にアクセスするとこんな感じです。

Photosynth5

左下のメニュー項目を抜き出して比較します。まずは英語版。

image

左から、使っているアプリ、経路検索、渋滞情報、以前に保存している地図情報、地図の共有、印刷、MAP APPS です。続いて日本語版。

image

左から、はじめに、経路検索、以前に保存している地図情報、地図の共有、印刷。

この Photosynth に関しては MAP APPS の機能の一つとして実装されています。再び英語版に戻って MAP APPS を選択。

image

色々な地図アプリが出てきます。この中に、Photosynth も含まれている形です。

色々なサービスを準備してほしいとは言いません。日本語での使い方を入れてほしいとは言いません。使えるものはそのまま展開してもらいたい!そう思います。Photosynth 以外のアプリを見てみましょう。下の画像は直接英語版にリンクを張っているので、そのまま体験することができます。

image

地震の前後でどう変わったのかを空撮で撮って紹介しているアプリ。

image

日本での地震以降の交通量を見ることができるアプリ。

image

Gettag つきでつぶやいた情報を地図上におくアプリ。

上の3つを見ると、地図上にデータを置くことで被災地支援にも使えるんじゃないの?と思いますよね?さて、日本の Bing Maps はいつアプリをサポートするのでしょうか。少なくとも、Photosynth のようなアプリが出てくると、世界中で使い始めます。英語圏の人だけが、地図と統合されている状況でいいのでしょうか?

これ、Windows Phone 7 が日本で普及することができるかどうか、その重要なポイントなのです。今のままだと、Windows Phone 7 に Photosynth アプリが提供されても、使う場所がないという感じになりますし、地図連携アプリはまさにスマートフォンに求められるものの一つでもあります。

ということで Bing Maps を強化してほしい!と常々思っています。

広告