先日から記事で出てきている iPhone が持っている GPS のデータがログとして端末に残っている、そしてそれを見ることができる iPhone Tracker というアプリケーションがあるので、ちょっと遊んでみました(笑)。

※ iPhone Tracker の本家のアプリケーションはソースコードも公開していて、コードを確認して変な風に利用せずに自らコンパイルできるようにしているなどありますので、気になる方はコードをゲットしてチェックしてください。

さて私の結果はこんな感じ。

iPhone4-worldwide1

ホノルルマラソンの時、ハワイではパケット通信代が発生しないように電源を切ってました。とはいえ、去年購入してから行ったデンマーク、ロンドン、今年行った米国とシンガポールに大きな丸がつきました。ずっと記録してくれてたんですね、ありがとう(笑)。もう少し細かく見てみます。まずは先日行ったシンガポールはこんな感じです。

iPhone4-worldwide8

空港とシンガポール市内をうろうろしただけ、というのがわかります。では日本はどんな感じでしょうか?

iPhone4-worldwide2

関東を中心に、大阪と名古屋がつながっていて、広島、博多、沖縄と北海道がある形です。沖縄は那覇市内だけでしたね(ダイビング行くときは Xperia を使ってたので)。

沖縄は省略して、大阪よりも西は、博多と広島が記録されています。

iPhone4-worldwide3

広島の右の方にある点々、そこには広島空港があります。すごい離れている、ということがわかりますね。続いて大阪を見てみます。

iPhone4-worldwide4

大阪市内をうろうろしているのは分かりますね。大阪から少し西側に行っているところ点、そこには甲子園があります。あとは家のある京都方面のあたり、伊丹空港のあたり、そして下にずれたところの点々は先日関空を使った時の結果です。こうやって見ると、関空がどれだけ離れているのか、改めて実感できます。

続いて東海道を見てみましょう。

iPhone4-worldwide5

新幹線がどういう風に線路を設置しているのかわかりますね。去年12月に行った大阪出張は新幹線でした。あと名古屋にも今年出張で行っています。ちなみに静岡のマラソンに行くときにも持っていたので高速道路にも点があったり、去年7月に居た富士山のあたりにもたくさん点があります。

続いて現在のホームタウンである関東を見てみます。

iPhone4-worldwide6

都心は見事に真っ黒ですね。新幹線沿い、高速沿いに静岡方面に抜けているのもありますが、去年の河口湖マラソンで富士山の麓に行っているのもわかります。あと、東京よりも東に行くのは成田空港ぐらいしか行ってないというのもわかります。

残るは北海道はこんな感じ。

iPhone4-worldwide7

千歳空港から小樽まで、どーんと線を引けています。小樽の少し西にある点は余市、そこから南下したところがニセコという感じです。改めて位置関係がわかって面白い。

さて、私は面白い!と思うのですが、これ時系列ですべて見ようと思ったら見れるんですよね。もっと細かく。ばれたら困るところに行っている人は、ドキドキしているのではないでしょうか。

広告