iPhone のアプリとして提供された Photosynth for iPhone がすごいです。英語のアプリケーションですが、iPhone App Store からダウンロードすることができます。iPhone および iPad 2 で利用できます。

ではどういう風に使うのでしょうか?まずは画面を見ながら紹介。アプリを立ち上げると過去に取ったやつが表示されます。表示されるのは、Microsoft ICE で編集したパノラマシリーズになります。

IMG_0914

下のメニューにあるカメラをクリック、すると tap to start と表示されます。

IMG_0915

画面をタップすると、写真撮影を開始します。写真の端にカメラの映像の真ん中に持っていくと、自動的にシャッターが下りてくっつきます。

IMG_0916 IMG_0917 IMG_0918

撮影が終わると、パノラマデータを生成します。

IMG_0919

実際に動画も撮ってみました。参考にしてください。

仕上がりは GPS をオンにしていれば Bing Maps にも置くことができるので、地図連動で将来的なコンテンツにできそうですね。Photosynth.net と Facebook (こちらはパノラマ写真)を公開することができます。ちなみに地元で撮った 360 度上も下もそろえてみたものを Photosynth にアップしてあります。ぜひご覧ください。

先日紹介をした、ビデオをパノラマにする機能に続いて、Photosynth はいい感じで一般ユーザーが使いやすいレベルに落ち着き始めているような気がします。

広告