私は関西大震災を経験しました。とはいえ、ど真ん中ではなく、だがしかし大きく揺れました。正直、今回の東京の揺れは大阪で体験した揺れから考えると、対したものではないです。立てないどころか、もう死ぬと本当に思いました。

揺れが収まったあと、当然のごとく停電、家にいる家族で「おい、大丈夫か?」と確認をしました。

うちの家はしばらくしたら電気は復活しましたが、神戸の方ではそうでもありません。そして関西電力の人たちは、全力で仕事をしてくれました。もう商売ではありません。使命です。多くの人が快適な生活ができるようにできるのは、自分たちだけだという、ただそれだけです。

その関西電力、CM でやはり電気の重要性、それに対する誇りを CM で伝えています。

しあわせな仕事

街の灯、大切ですよね。

灯があるのはうれしい

震災 10 年後、15 年後に流した CM は以下の 2 つです。

10 年目の CM
15 年目の CM

私は東京電力で仕事をsいてお手伝いすることはできません。でも、心から応援をします。停電?事前に教えてくれるものは停電なんていいません。それは節電です。どんどん事前に言ってください。だって、応援するぐらいしか私にはできることはないんですから。

テレビとかで偉そうに「告知に時間が短い」とか言ってますが、彼らは地震が起こることを事前に知っていたわけでもなにもないのです。気にしないで!多くの人が、感謝しています。頑張れ、東京電力、いや日本のインフラに関わっている人みんな頑張れ!!

広告