今回の地震は大きかったです。地震の後の津波に火災、大変な状況ですね。とりあえず私は徒歩 19km を 4 時間弱で歩く形で帰宅することになりました。

地震の前は、赤坂見附まで移動をしてコーヒーを飲んで次のミーティングに備えてました。

メールを見てると揺れ始めて、疲れてるのかな。。。と思ったら本気で地震でした。お店にいる人はたくさん外に行くのですが、ガラスが割れて落ちてきたらどうするんだろう?と私は建物の中に。店員さんに「外の方がいいと思います」と言われたのですが、「中でいいです。落下物この場所は無いので、お姉さんの上のランプ揺れてるから危ないかも」という会話をしていました。最初の余震、そのあとの揺れが長時間、頭によぎるのは遠くですごい揺れになっているということだけ。しばらくすると、東北方面ということは分かりました。

外を見ると多くの人がどこにも入れずに、あちこち指をさしながら立っていました。反対側の建物にはフーターズがあったのですが、タンクトップにホットパンツ、寒そうな格好で外に出てきてました。

とりあえず、携帯電話のバッテリを少し充電してから出発することにしました。途中トイレも行けないだろうし、トイレもよって、いざ出発。すでに都内は歩いて帰宅し始めている人も多いのですが、ビルの前で立っていて話をしている人もいます。帰れないのでしょうか、早く帰ったほうが。。。

とりあえず帰る人の波にのって、家の方向に向かっていきます。

渋谷を抜けて世田谷街道で帰るコースです。電車も当然ながら止まっている状況でした。

渋谷駅、すでにもう人でいっぱいでした。そして、道路は大渋滞。高速道路が通行止めになって全部下ろされているのも影響があったでしょう。

で、そんな中のんきに音楽鳴らしながら宣伝車が走っていました。デザイン変更できないのはわかるけど、音楽ぐらい止めろよ!と思いました。 そもそもこの人たち誰だよ!

ともかく大渋滞なのでバスも車も歩く速度よりも遅いのです。黙々と歩きます。イベントで疲れて腰が痛いけど、早く帰るのが私のため。。。ということで。途中、カラオケボックスの壁が壊れているので、警察が危険区域を設定しているところも歩きました。下の写真は、はしご車が来ているのがわかります。

道は混んでいる中、緊急車両がその間をぬって走る状況です。みんな車を何で出すんだろう?それも一人乗りばかりですよね。そういえば、渋谷駅でもタクシー乗るところみましたが、方向が同じ人をまとめてというようなアレンジはされていませんでした。ということで、歩く方が早い状況というところでしたね。

ちなみに、途中の環七はこんな感じで一方方向だけが混んでいるという状況です。

成城学園前行きのバスをたくさん抜いていき、そのバスもほとんど満員状況。歩いたほうがいいですよ、と言いたい感じです。そして道路は制限速度 20km 、いつもは 40km なのに。。。

約 19km 、 4 時間弱かけて家に着きました。早い段階で徒歩帰宅を始めたので私はラッキーなほうです。Twitter を見ると、多くの人が今歩いて帰っていたり、会社に泊まる決断をされたりしています。

家に帰ってニュースを見ると東北方面が大変なことに。一人でも多くの人が無事で、また原発などもちょっと心配ですがこれもなんとかなりますように。祈るしかありません。

1点、テレビの絵としてアナウンサーの人はヘルメットかぶってるのですが、その後ろで仕事をしている人は誰もかぶってません。そういう変な演出はしなくていいのでは?と思います。

広告