毎日数回、facebook にアクセスをして個人的にはこれが無かったらさみしくなるな。。。と思えるほど活用しています。とはいえ使っているときりがないのも事実、ということで以下のようなポイントを押さえて使うといいと思います。

  • とりあえず知り合いとはつながってみる
    mixi では招待制ということもあって、知り合いと繋がるというのに躊躇するという話もあります(私は余り躊躇しませんが)。facebook では友達を見つけたらまずは friend request を出す、そして知り合いからのリクエストには答えるようにしてみましょう。理由はこの後再度取り上げます。
  • 頑張って全部読もうとしない
    友達のリストが長くなってくると、様々なステータスがあったりすることがあって、正直読み切ることができません。が、たとえばたくさんの人数で飲み会をする時、全部の会話を理解していなくても楽しめてますよね?つまり、その時に話ができる内容を楽しむ、反応するというスタンスで「ゆるく」参加するのをおすすめします。
  • Like ボタン – いいね!を活用
    面白いことを言ったな!という感じの話や、ちょっとこれは他の人にも見てもらえたらいいんじゃないかな?というときには Like ボタンを押しましょう。そうすれば友達のコメントのプライオリティがちょっと上がるのか、他の人がログインした時に出てくる Time line にもその情報が表示されるようになります。
  • 知り合いは多くても困らない
    最初の項目で、「知り合いからのリクエストには答えて友達に」という点を書きました。これはたまにしか会わない人であっても人柄がわかるようになったりできます。つまり、「友達」というイメージで行くと躊躇しても、知り合いということであればそれはまた違う使い方ができるようになる、という点ですね。
  • プライバシーの設定は的確に
    友達のリストを作ったりすれば、自分の登録しているプライバシー情報を便利な形で共有できるようになります。たとえば、電話番号は普通は表示しないが、仲良しの友達には表示する、という感じの使い方ができます。

とりあえず 5 つほど取り上げて書いてみました。

広告