年を越してしまいましたが、Microsoft Pinpoint の紹介をします。このサイトに会社の情報、サービスの情報を登録するために、年末にパートナープログラムへ登録をして次は Pinpoint というところまで進んでいました。

ここに登録が完了したあと、Microsoft Pinpoint サイトに登録することができます。この際(すでに画面キャプチャ取り忘れたのですが)パートナーサイトで登録した情報から、PinPoint では制限される項目(たとえば対応製品の選択できる数)などが変わったりする場合がありますので、その点を頭に入れてください。

まずは Microsoft Pinpoint のサイトにアクセスをします。

ここで、パートナー ネットワークに登録をした Windows Live ID でサインインをして、そのあと「パートナー様専用」でログインをしましょう。ちなみに複数の Windows Live ID を使っている方は、念のため一度サインアウトをすることをお勧めします。例えば、Windows Live Messenger が立ち上がっていると、その Windows Live ID でサインインをしてしまい混乱することがありますので(そういう意味では、Windows Live Messenger を起動していない状態で作業をするようにしてました)。

パートナー様専用にアクセスをすると、自分の会社情報に紐付けされる形でサインアップを求められるかと思います。それが終われば、続いて会社情報を更新していきましょう。私の場合は、すでにパートナーネットワークに登録していた項目のうち、引き継ぐものを入れていく形にしていました。作業内容は、こんな感じでしたね。

  • パートナーネットワークで登録をするときに、説明文として HTML を挿入できたが、その部分がプレーンテキストになるため、テキストで見やすい形に成形をする。
  • 対応製品や対象業種などの情報をざっと整理する。

ということで会社の登録は完了しました。

上記の手続きで会社の登録が完了します。次の記事では、アプリケーションとサービスについて紹介をさせていただきます。

広告