マイクロソフトの製品・技術・サービスを使ってビジネスを展開しているのであれば、マイクロソフト パートナー ネットワークに登録しておいた方が何かと便利なサービスを受けることができます。今回は登録までの手続きをざっとご紹介します。

登録をする際には、以下の点を気を付けましょう。

  • 自分自身がパートナープログラムに登録をする担当者である。
    • 会社がしっかりとパートナープログラムに参加するという点では、担当者の人がきちんと登録をしたいところです。
  • まだパートナープログラムに会社として参加していない。
    • すでに登録している場合は、担当者が別にいるか、あなたが担当者なのに他の人により勝手に登録されている可能性があります。
    • まだ登録していないのを確認して、登録しましょう。

まずは、パートナーネットワークのサイトにアクセスをします。

ここで、自分の持っている Windows Live ID がゲストになることがあります。こんな感じです。

image

この場合は、まだ Windows Live ID がパートナープログラムに参加している ID として認識されていないことになります。「ゲストになる理由」をクリックして、状況を確認しましょう。そしてページの下の方に「登録しますか?」の項目がありますので、リンクの張られている「今すぐマイクロソフト パートナーネットワークに登録する」をクリックしてください。

画面が切り替わると、ステップのうちどこまで進んでいるかを確認できます。今は、Windows Live ID でサインインをしているだけなので、以下のような画面になっています。

image

プロファイルのボタンを押して、会社の情報を入れていきましょう。そして、一通り入れていくと、最後に契約書の同意ボタンが出てきます。

image

必要項目を入力することで、「同意します」のボタンが表示されます。これをクリックすれば、登録は完了となります。ステップ3はステップ2の入力後の部分ですので、同意してしまえばすべて確認完了となります。

登録後、すぐに反映される形ではありませんので、登録したら翌日とか時間を空けていきましょう。サインインをした時に、ゲストになっていなければ登録完了となります。

image

登録をしたら次は何をしたらいいのだろうか?お得なサービスは何があるんだろう?というのを今後紹介してみたいと思います。

広告