各航空会社が提供しているプログラムとして、頻繁に利用する人を対象としたマイレージプログラムが展開されています。たとえば、東京 <-> 札幌を年間3往復ぐらいする人なら、3年に1回は特典航空券に切り替えて、無料で移動することができます。もちろんマイルはクレジットカードでも貯めることができます。

さてマイルとは別に、搭乗ポイントというのも提供されています。このポイントは特典に交換することはできませんが、このポイントの貯まっている分量によって、サービスが変わってくるわけです。

まずは名称をまとめてみましょう。主なマイレージプログラムでは以下のような名称です。

  • JAL : Fly on ポイント
  • ANA : プレミアムポイント
  • Delta : MQM ( メダリオン取得必要マイル)
  • United: EQM ( エリート資格取得マイル )

たとえば ANA では 50,000 ポイント貯まればプラチナサービスになります。プラチナを持っていれば、海外旅行などでプレミアムエコノミーの座席があれば無償でアップグレードしてくれます。また空港でラウンジが使えるようになるなど、頻繁に利用する人にとって便利なサービスが提供されるようになります。

ちなみに ANA 以外では搭乗回数でも上級会員を手に入れることができるようになっています。このため、格安チケットを確保して、1日6便乗ったりして獲得している人も多くいます。私も ANA は最初それで取得しましたが、翌年以降は飛行機での旅行が楽しくなって、気づいたらプラチナを維持できる程度に乗るようになってしまいました。

この搭乗ポイントですが、基本的には 1 月~ 12 月までの累積ポイントで翌年の 4 月~対象というのが多いです。ただ、Delta のように上級会員の資格を取る条件を厳しくしたところでは、翌年に持ち越すことができるようになりました。

広告