勝敗表はもう不要ですね。中日が勝てば優勝、阪神が全部勝ったとしても中日が負けなければいけません。残り阪神 6 試合、とりあえず可能性は低いけど中日が負けるのを願って頑張りましょう。

で、今日の試合を振り返ってみます。8回まで久保が好投していました。9回もそのままでいいのでは?と思いましたが、必勝パターンということで球児にスイッチします。四球、四球でランナーをためてホームランを打たれてしまいました。残念な負け方です。

矢野の引退セレモニーのあと、監督インタビューが流れて疑問を持ちました。

「9回2アウトになったら、矢野に出てもらうと思ったがそうならなかった」

ちょっと待て!もしかして、球児に変えたのは、球児 & 矢野というバッテリーを組ませるために、ということだったのか?と思えてしかたがないコメント。

甲子園最終戦なのはわかってます。矢野の引退セレモニーの前に盛り上げておきたいという気持ちもわかります。しかしながら、今日は負けてはいけない試合。何のんきに演出を考えているんでしょうか?勝ってセレモニーをやる、これが最高の演出だというのに。結果、代打としても出番がなかったのです。

矢野は昨日、キャッチャーとしてグラウンドに出たいとはコメントしてました。ただし、この状況でそんなことをしている場合ではありません。これでは、矢野がそうコメントしたから。。。という風に見る人が出てくるかもしれない、そしてなにより、矢野が一番かわいそうです。

負けるべくして負けた、と思えるコメントでした。今年は、采配で勝った試合の記憶がほとんどなく、采配で負けた記憶が鮮明に残っています。先発ピッチャー、9月は本当にがんばったのに!もうシーズン最後、抑えているのであれば変えない勇気、これは重要だと思います。

阪神の監督変わらないでしょうか。。。。

広告