点を取られなければ負けないのが野球、点を取らないと勝てないのが野球。それを実感する試合展開が3連戦のうち最初の2試合でした。2つ目の試合なんかは、 0-0 で 9 回裏に球児を温存して久保田投入、順番が違うでしょ。。。ということで、ランナーを久保田が貯めてブラゼルのエラーで終わりました。監督、なんでそういう采配をするのでしょうか。久保田、最近失点がないというコメントがあったけど、福原のためたランナーをかえして負けた試合を忘れたのでしょうか?

本日の3試合目、ようやく勝ちました。マートンの 200 安打達成がホームランだったのはすごいなぁ、と思いつつ残り 10 試合で日本記録を達成してもらいたいものです。イチローの記録は 130 試合の頃なので別格ではありますが。今日の点、もう少し他の日に欲しかったですね。。。

さて、中日はすでに 78 勝は確定しています。また、セ・リーグの規定で同じ勝率の場合、直接対決の結果が反映されることになります。対中日では負け越しているため、阪神は中日よりも多く勝つ必要があります(3連戦3連勝で実は並んでいたんだけど)。つまり、中日が残り全勝した場合、阪神は残り 10 勝しないといけないのです(下の表を参照)。まぁそれくらい、この3連戦では勝ち越しを求められていたのに、負け越してしまったという状況ですね。

中日は、すでに 7 歩リードしている状況です。並んでゴールではダメなのです。阪神には全部勝つ!という勢いを求められます。あとは中日が負けた分だけ負けれる、というのを肝に銘じて頑張りましょう。すごい難しいけどね!

阪神 巨人 中日 ヤクルト
成績 72 勝 59 敗 3 引分 74 勝 61 敗 1 引分 78 勝 60 敗 3 引分 66 勝 64 敗 4 引分
残り 10 8 3 10
勝率 勝率 勝率 勝率
82 10 0 0.582
81 9 1 0.574 3 0 0.574
80 8 2 0.567 8 0 0.573 2 1 0.567
79 7 3 0.560 7 1 0.566 1 2 0.560
78 6 4 0.553 6 2 0.559 0 3 0.553
77 5 5 0.546 5 3 0.552
76 4 6 0.539 4 4 0.545 10 0 0.543
75 3 7 0.532 3 5 0.538 9 1 0.536
74 2 8 0.525 2 6 0.531 8 2 0.529
73 1 9 0.518 1 7 0.524 7 3 0.521
72 0 10 0.511 0 8 0.517 6 4 0.514

がんばれ、阪神タイガース!!

広告