今日は MVP Award プログラムで最後の年に取り組んだ新しい企画、Windows 7 活用術と Community Open Day の2つを紹介します。

Windows 7 活用術の企画は、MVP の人がベータプログラムに参加して様々なノウハウを持っているので、であれば製品が提供されるのに合わせてコラムを展開して、MVP の人たちの活躍の場にできるのではないだろうか?ということで始まった企画でした。2009 年 1 月ぐらいに社内ではこの企画の話を本格化させ、 5 月には連載を開始、製品の発売までの間毎週 1 本、去年の TechEd の時には毎日 1 本提供という形で展開をしました。

そういえば、今日の TechEd の Lightning Talks には、この連載の執筆者でもある澤田さんと作島さんが、明日は亀川さんと登壇されますね スマイル

この企画、色々な人に支えられ、またその情報を周りの人が連携してくれた形です。毎週出るので、TechNet Online でも注目を浴び、そして TechNet Flash や Exploring Windows でも紹介されるなどの形でグイグイと PV を稼いでいって、Windows クライアントセンターの中でも人気シリーズと言っていいほどの PV を稼ぎました。

Windows 7 Launch パーティをやったり、土曜日にはセミナーなんかもやってしまいました。本社 VP のメッセージビデオに関しては、どうやって撮ったのか?と本社の人もびっくりという成果にもなりましたね。関係者のみなさん、どうもありがとうございました!


そしてもう一つ、Community Open Day というイベントをやりました。MVP Open Day はマイクロソフトのオフィスで MVP の方を対象にイベントをやる、という企画ですが、よく MVP の方に「 Open Day という割には、MVP だけなので Open ではないですよね。。。」と言われていたので、やりたかった企画でもあります。

この企画でも、MVP の人にお話をして、協力者を探してきていただき、最終的には MVP の方が活躍していただくことができるイベントになりました。

実はこのイベント、社内的には Visual Studio と Office に合わせたイベントとして評価され、特に Visual Studio の World wide のレポートの中に含まれることができました。


どちらの企画も、MVP の方が参加して企画を進めてもらう、という形で私はそのお手伝いという感じでした。

広告