さまざまな SNS のサービスを使っていたりすると、あちこちの人とのつながりはできるものの、その情報を一括で見ることがなかなか難しくなります。Outlook 2010 からの標準的な機能として、Outlook Social Connector というサービスが追加されました。この機能は、Outlook 2003, 2007 はアドインで使うこともできます。ダウンロードはこちらから。

単にこれを入れただけでは、履歴を見ることができるだけです。メールのプレビューの下とかに、つながり情報が表示されるようになります。

osc1

この状態で、Outlook Social Connector がすでに動いています。続いて、プロバイダを追加でインストールしていきましょう。まずは Facebook から。

ちなみに私の手元の環境では、Outlook Social Connector のバージョンが古かったようでアップデートをするように促されました。

osc2

osc3

osc4

アップデートが終わったら、インストーラーが動きます。

osc5

osc6

これでインストールは完了となります。Outlook を立ち上げると、接続するかどうかのダイアログが表示されます。

osc7

それぞれ、アカウントの情報を入れて設定をしましょう。ちなみに個人用サイトというのは SharePoint につなげるためのものいなります。他には?という人もいると思いますが、実は Office Online にこういうページがあります。

ではここにある Linkedin をインストールをしてみます。サイトに移動をして、Download it now をクリックしてインストーラーを動かしてみましょう。

osc9

osca

oscb

oscc

ということで、これでインストールは完了となります。インストールが終わった後、どう変わるのか?というと Outlook でメールを見ると、Facebook や Linkedin も含めて様々な情報を Outlook 上で確認をすることができます。

oscd

いやー、便利ですね。Outlook で見ることができる情報の範囲が、また広がりました。

広告