さて、今日は Office 2010 の発売日です。店頭では、東京の量販店では冴子先生が頑張りますよ。あと、試用版をダウンロードして試せるようになっていますね。詳しくは Office のサイトをご覧ください。

さて、アップグレードを調べても 2007 のページにリンクされているなど、今現在では少しまとまっていません。ということで、簡単に書いてみます。まずは Office 2007 の整理をします。

Office 2007 では Personal ( Word, Excel, Outlook ) 、Standard ( Personal + PowerPoint )、 Professional ( Standard + Publisher + Access ) 、Ultimate ( Professional + Infopath + OneNote + Groove + InterConnect ) となります。

Office 2010 からは Ultimate が廃止されて、  Personal ( Word, Excel, Outlook ) は変わらず、ただ Standard ではなく Home and Business という名前になって Personal + PowerPoint + OneNote と、新たに OneNote が追加されました。Professinoal はHome and Business に Access + Publisher ということで、Access や Publisher を利用しない人には、Home and Business が一番いいパッケージになっています(企業向けには ProPlus というのもありますが、Ultimate っぽい感じです)。

なんといっても、OneNote が使えるようになっているのが大きい!アップグレードパスはこんな感じです。

これをもとにもう少し Office の Edition を入れて表にしてみましょう。

Office 2010 のバージョン 以前のバージョン
Office Professional 2010 Office Ultimate 2007
Office Professional 2007
Office 2003 Professional
Office XP Professional
Office 2000 Premium
Office 2000 Professional
Office 2000 Developer
Office Home and Business 2010 Office Standard 2007
Office 2003 Standard
Office XP Standard
Office 2000 Standard
Office Personal 2010 Office Personal 2007
Office 2003 Personal
Office XP Personal
Office 2000 Personal

さて、ここでエディションの問題が出てきますよね。Office 2007 から Office 2010 に関しては、Ultimate –> Professional になるぐらいで、あとは Personal –> Personal 、Standard –> Home and Business 、Professional –> Professional となります。

では Office 2003 は?実は Office 2010 のころとラインナップは似ていて、Personal 、Standard そして Professional の 3 つの Edition でした。Standard の人が Home and Business に、Professinoal のひとは Professional に。そして、OneNote が使えるようになる!ということになります。この傾向は Office XP も同じです。

全然余談ですが、名前に関しては Office 2007 からはバージョン番号が一番後ろについて、先にエディションの名前を記載するようになっています。

あと PowerPoint とか単体製品でライセンスを持っている人は、それの単体製品へのバージョンアップはできます。

広告