英語のページですが、すでに Windows 7 RC のダウンロードが開始されていますね。

もちろん日本語版をダウンロードすることも可能なので、さっそくゲットしました。ダウンロードされるファイルは ISO ファイルになります。ファイル名は長いけど

7100.0.090421-1700_x86fre_client_ja-jp_retail_ultimate-grc1culfrer_ja_dvd.iso

です。今回は USB にインストールイメージを展開したいので、ここから以下の手順を実行していきます。

USBメモリのフォーマットによって異なる部分があります。FAT32 や exFAT の場合は diskpart の手順が必要になります*1 。NTFS フォーマットをする場合は、コントロールパネルからだけでサクサクとできるみたいですね *2。* に関しては参考にしたサイトに手順が紹介されています。

私が実行したのは以下のような感じです。

  • USB メモリを準備する ( diskpart の手順)
  • ISO ファイルに展開をしたいので、Virtual CloneDrive をインストールします。
  • ISO ファイルをマウントしたあと、それを USB メモリ上に展開していきます。
  • Bootsect コマンド ライン オプション を参考にしてブート可能にします。
    • USB ドライブが K: ドライブとすると(私がそうだったんで)k:\boot\bootsect /nt60 k:
      とコマンドプロンプトで実行してOK

これで準備完了、インストールをしてみます。

参考にしたサイト

  1. diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る
  2. Bootable USB の作り方
広告