Web サイトの設定は十分完了しているのですが、メールサーバーに関してはどうしようか悩んでいました。そんなところで、Windows Live Hotmail が POP3 のサービスに対応したという情報が。ということで、独自ドメインでも可能かと思って Windows live アドミンセンターに設定してみました。

  1. http://domains.live.com にアクセス
  2. 初めて利用するので、「ドメインの新規登録」を選択。
  3. ドメイン名を入れて(今回は tech-ezo.jp )「ドメイン用に Windows Live Hotmail を設定する」を選択して続行
  4. どの Windows Live ID でサインインをするかを設定します。今回は、既存の Windows Live ID を選択してサインインをする。
  5. 利用条件に関して同意をします。
  6. DNS の設定待ちと表示されます。MX レコードの設定などが表示されますので、それを DNS の設定に反映させましょう。

これで基本的な設定は完了です。Windows Live のシステム側で MX の反映の確認ができれば、これで Windows Live Hotmail と同じインフラで自分のドメイン名を使えることになります。

なお、メールアドレスを追加で作成した場合は、必ずサインインをして必要情報を入力する必要があります。アカウントが有効になったあと、POP3 のメールなどが見えるようになりますので。

細かく DNS の設定を変更できる場合は、Sender ID の設定、Messenger の設定とかもするとアカウントを作る時に便利です。

広告