昨日の雷で家が停電になっていたのは、いくつかのマシンにアクセスできなくなっていたので確認できていたのですが、そのついでに B フレッツが死亡しちゃいました。

  • 一通り電源入れるものを入れてみる。
  • 時計がずれているものは直す。
  • PCからネットにつながらない
    • とりあえずルーターにアクセス OK
    • ルーターを再起動 NG

急きょ、Loox を引っ張り出してきて B フレッツの回線状況、IIJ の回線状況など工事情報なども調べてみるが特に記載はないのでどこが悪いかわからない。とりあえず 113 に電話してみるととりあえず留守番電話になっているので、インターネットにつながりませーんとコメント入れて連絡先を入れて終わり。

と思ったら30分後ぐらいに折り返しの電話がやってきました。

担当「留守番電話を聞いて折り返し電話しましたが今よろしいですか?」

私「(すごいなこんな時間に)はい、大丈夫です」

担当「インターネットがつならないということですが、回線通知にあった番号わかりますか?」

私「電話番号ではないんですよね?」

担当「はい、そうです。」

私「(あるかな。。。引っ越しした時のファイルを探して。。。あった!すげー!)ありました、COPxxxxx」

担当「それでは、今から一度テストをしますので電話を切ります。しばらくお待ちください」

ということで向こう側からテストをしてくれます。その間、ルーターとかはそのままがいいのですが、設定とか一通りあるのか書類を確認。あるある、いざとなったらルーターを明日購入だな。お、電話がかかってきた。

担当「今、途中まではつながっていることを確認したのですが、契約はマンションタイプでしょうか?」

私「はい、そうです。」

担当「VDSL とか書いてある機械ありますかね?」

私「はい、ありますね。」

担当「そこで何か点滅していますか?」

私「VDSL が点滅しています」

担当「なるほど。実はマンションまではつながっているようなのですが、そこからそのモデムが見えない形となっています。このため、現地での確認が必要となりますね。」

私「そうですか。」

担当「明日ですが、実はあちらこちらで今回の雷とかで工事の予定が入っていまして、何時にお伺いするとかお話ができないのですが、いかがいたしましょうか?」

私「いや、サラリーマンなので家にはいれないんですよね」

担当「わかりました。それでは工事の都合のいい日を」

ということで、今日、明日はミーティングがあります。とはいえ、ネットが使えないのは正直厳しいので(今、忙しさピークになろうとしているのに!)、金曜日は出張の際に増えた代休でも取って工事に立ち会うことにします。

さぁ、不動産会社に連絡をして配電盤とかのカギを開けてもらうとか調整しなきゃ。

そして、家では何もできないから、きょうは 7:30 には会社に来ているのでした。。。

広告