FreeBSD には sendmail が入っていますが、今回は mailman を運用しようと思っているので MTA に関しては Postfix にしました。知人から「それでいいと思うよ」というアドバイスがこの結果になりました。

さて、Postfix のインストールも非常に簡単です。/usr/ports/mail/postfix に移動したら、 make でコンパイル、make install でインストール完了となります。

インストール後に設定を変更する必要があり、以下の2つのファイルが対象となります。

  • main.cf 基本設定
  • master.cf daemonの設定

多少、FreeBSD だと設定が変わっているので(たとえば command_directory は /usr/local/sbin になります)、インストールされたファイルを参考にしながら、設定していきましょう。

あと apache とかと同じですが、OS 起動時にきちんと立ち上がるように、/etc/rc.conf に以下の1行を追加しておきましょう。

postfix_enable=”YES”

セットアップで参考にしたページ

広告