橋下知事になってからというもの、大阪府の財政が大変というのは前からわかっていましたが、体制が大変な状況になっているということが明確になってきましたね。

なんか見ていてブログに書くのもやな話ばかりだからと思っていたのですが、さすがに腹が立ってきたので今までのそのポイントをまとめておく。

  1. サービス残業してないって!
    早いころの朝礼でサービス残業の話が出ましたが、この動画を見ると「サービス残業してないやん!」とか。新しい作業服来て朝礼に出てるように見えるしなんだかと思っていたけど、昨日これを教えてもらってさすがに腹たった。
  2. それでも知事に文句を言う
    また朝礼で、今度は人件費削減は全面禁煙とかで怒ってる人が登場。全面禁煙は数多くの会社がもう実施していたり、最近はビル単位でやっている。人件費削減なんか赤字の会社は当然、むしろ人員削減されないだけでも感謝するべきじゃないんだろうか。よりよくするための対案を出すのではなくて、苦情を言うなんて、民間だと社長が「じゃ、首ね」といって終わりじゃないだろうか。
  3. 手取り 34.5 万円が安い
    そんなわけない。知事は確かに多いけどそれは職責が違うし負っている責任の量は半端じゃない。なのに、手取り 34.5 万円で安い!って、十分高いです。
  4. 退職金見越してマンション購入
    最後を締めるのは、退職金を見越してマンションを買ったお話。退職金とかはいくらでるかはやめてわかるものだからしかたないだろうし、自治体が破たんしたらそれも出るのかどうか、と考えればしかたないんじゃないのかな?

いやいや、たぶん現場で優秀で頑張っている人も多いと思います。少なくとも、民間の税金によって大阪府が動いていて、そこで仕事をしているという意識のない人がこれだけわらわらと出てくるのですから驚きです。最初のサービス残業の人から、みんな何を考えて話をしているのか。

裏金作ったり、架空請求していた大阪府、これから代わってしっかりやってください。とりあえず夏ぐらいに、こういうつまらない人がニュースに一切ならないようになったら、ふるさと納税で大阪に寄付しようと思いますが、こういう人がちらほら出るうちには、無駄な寄付になりそうなのでしばらく待ちだな。

広告