便利な管理ツールである Webmin ですが、ログイン画面が誰でも見れるというのはもちろんリスクを背負ってしまいます。ということで、IP アドレスレベルで制限をかけて、管理画面を使える状況をある程度絞る必要があります。絞りすぎて、自分で使えないようにならないようだけ注意しましょう。

左側にある Webmin -> Webmin Configuration を開くと、IP Access Control というアイコンが表示されます。

Webmin Configuration

このアイコンをクリックすると、IP アドレスなどを入力する画面になります。

IP Access Control

IP アドレスの記載方法に関しては、利用される環境によってある程度の範囲を持たせた方がいいこともあるかと思いますので、好みでどうぞ。

広告