和泉兼定さんのブログ から asahi.com の記事 を参照して。

個人的には持ち込み禁止にして、中で売っているものを買ってもらうということで「スポンサー」が付いていることを考えれば、独占禁止法には違反してないんじゃないかな?と思ってます。入場してからブースごとにお金を取ったり、入場料があほみたいに高い価格にならないようにという、そんな効果は入場者の人も受けていると思います。

中で販売をしたいのであれば、展示会場にブースを出すとか出店契約を結ぶなどの企業努力がないと、こういう博覧会では出せないのではないかなぁと。ある意味、たくさんお金を出しても企業イメージがあがって他で儲かるという方法もありますが、企業もこのご時勢に余興で出すわけではないのですから、ある程度現場での効果というのも求めますし、その1つの問題解決方法でもあります。

ちなみに私の好きな野球でいくと、甲子園球場ではアサヒビールが独占契約を結んでいます。そのおかげかビール 1 杯の値段は非常に安く抑えられていて、他の球場よりもずっと安いというのは実感しています。個人的にはキリンとかサッポロを飲みたいとも思うのですが、まぁ安くたくさんの人が安くビールを飲めるのであればそれはそれでよしということで。とはいえ、現地でビール飲めないけど、キリンビールは交代のときに CM を甲子園で流します。ということで、宣伝だけでもがんばっています、というところでしょうか。

スポンサーをつけてうまくやるという点が公平ではないという話になってしまうと、大きなイベントはなかなか難しいのではないでしょうか。私の持ってるサイトはスポンサーはいないけどユーザー対応をしないことがあることを考えると、小さくてもスポンサーがいればいいなぁとは思いますよ。

広告