うるぐすで広島のキャンプの模様を放送していました。広島はプロ野球のチームの中で最も市民球団の近いチームで、選手の補強は基本的に生え抜きを育てるという方針があるので、団結力としては非常に強いチームでもあります。

そして今年のキャンプのブルペンのところに、このタイトルが書かれているそうです。「弱気は最大の敵」、これは炎のストッパー、津田選手の言葉です。絵としてはスポニチのサイトでも写真が掲載されています。

津田投手が全盛だったころ、出てきた時点で1点でもリードしていれば広島は勝利を手に入れていたような気がします。炎のストッパーと呼ばれ、しかしながら病気で若くして亡くなられたのは当時私もショックを受けたのを覚えています。

私も、今年はこの言葉をちょっと胸に秘めて、生活をしてみようと思います。言葉を大切にすることで変われることがあるので、何かが変わるきっかけの1つになれたらとか思いつつ。

広告