今日は会社は八朔祭、というか大学院まで一緒に通っていた友人から送ってもらった八朔1箱、それを食べるぞ!と私が会社に持って来て配って勝手に祭りをしていました。和歌山で育った八朔、今年もおいしかったです。

とはいえ、1箱もあると一人では食べきることはできません。大阪では友人同士で配っていますがこっちには昔からの友人がいるわけでもないので、毎年この時期には会社に持って来て周りにおすそ分けをしてまわります。今日もミーティングのたびにいくつか八朔を持って旅立ちました。突然席に行って八朔を置いて回る。もう5年連続でやっている八朔祭りの開催です。感謝感謝。

八朔は皮に水分がそこそこあるので、食べるときに回りに汁が飛ばないように気をつけるのがポイントです。周りはなんだか風邪が流行ったりしていることもあり、ビタミンを取ろう、ということで朝からいままで時間があれば食べて、もう5個食べきりました。みんなからもおいしいというコメントもたくさんいただきました。おかも、来年もよろしく!

ちなみに、八朔とかいて「はっさく」と読みます。

広告