さて、NT Committee も進化することになります。そう、ユーザー会として立ち上げてみんなで情報交換をするような場所を造ろうということで Japan Windows NT Users Group という名前で立ち上げることになりました。私は Links-NT のメンバーだったので初期幹事になりましたが、残念ながら私のやりたかったメーリングリストをいろいろ開設して、みんなでテーマに沿った情報交換の場を作るというのはできなさそうでした。

で、当時始まったばかりの OCN エコノミーを自宅に引き込んで、JWNTUG のお手伝いをするつもりで考えていたのですが、これを使い方を変えて自分でメーリングリストをすることにしました。すでに、リムネットのサービスでやっていたのですが、家にサーバーを立ち上げて運用するということになりました。しばらくすると、users.gr.jp と haramizu.com が生まれるということになります。

これで立ち上げるということにはお金がかからない(プロバイダだと1件○円という設定だったので)ということで、柳原さんの連載「システム管理者の眠れない夜」のネタ集めもかねて Adminsメーリングリスト を勝手に立ち上げたり(飲み屋で酔っ払いネタとして勢いで作ったのです)、Delphi のメーリングリスト、大学の友達と連絡が取れるものとかを作りました。

しばらくするとやりたいことを自分でやるのがいいか、ということで JWNTUG のメンバーからも抜けました。その頃は私の持っていた FAQ も JWNTUG に寄贈していたこともあり(どちらにしろ私が作ったのではなくて、メーリングリスト参加者が作ってそれをまとめていただけだった)、もちネタもなくなっていました。

暇なときには河端さんとほそぼそとメーリングリストで何がいいかなぁというのを話したりしていました。きっかけは非常に簡単で、私も河端さんも情報交換をする人が欲しい、ということで、何かをテーマにして作って、というのを繰り返していって拡充されていきました。この頃には、山近さん とも飲みに行ったりして情報交換をしたりして一緒に大阪で遊んでいたような気がします。

拡充されるとともに、メーリングリストのトラフィックがひどい状況で OCN エコノミーではどう考えても捌ききれず、某プロバイダの方にお手伝いをいただいて配信の仕組みを用意してもらいました。そして気づいたら大規模メーリングリストをやっているということになりました。

そして JWNTUG を抜けたメンバーで「みんなでやりたいことを連携してできるように」ということで、NT Committee 2 というのを立ち上げました。

余談ですが、こういうのをやっていると当時いろいろとお話がありました。今では Yahoo のサービスになっている egroups を立ち上げた人と「米国にいいサービスがあるので」というお話を頂き、一緒に。。。という話だったような記憶をしているのですが、根性のない私は今の仕事をしながらでは難しいということでメールでやり取りをしていただけでした。その後、遊びに行きますといっていたのですが、あっという間に大きな会社になって遊びに行けずでした。今では当時の知り合いの人は、Yahoo に親会社が買収されたあとにやめて、今は海外に戻られていると思います。

広告