今日はいろいろと昔を思い起こす話をしました。懐かしい話でもあり、またその頃のことを次第に忘れそうというのもあります。なので、勝手ながらもう少し細かく、簡単に書き綴ってみようと思います。今回はその第一回ということで。

さて、私がインターネットのコミュニティにかかわる前、パソコンを活用し始めたのは大学院に入った頃だったと思います。大学の研究室の IT 化(まぁ、要はパソコン導入でした)をしていたのですが、当時は企業向けということでは OS/2 が既出で Windows NT がそれを追いかけて出たというころでした。独自に Macintosh が世界を広げており、教授のパソコンは常に Macintosh を使っていたような気がします。とはいえ、大学にはまだ PC-9801 と FM-R という国産のパソコンが入っていたのを思い出します。

そんな中、研究室で動かすソフトとしては Windows NT ということにしました。理由は非常に簡単で、32bit OS になったので研究で計算プログラムを作るのであればなんとなくよさそう、というのと Pentium マシンが出始めた頃であり、また DOS/V が動く(現在では標準ですが当時は IBM 互換機とも言われていたような)パソコンを研究室に入れて、ネットワークカードを利用して研究室 LAN を組みました。ネットワークカードが非常に高かったような記憶もありますね。

まだ大学のビルには常時接続のインターネットが入っておらず、他の研究室が電話線で UUCP という仕組みを使ってニュース、またメールも同様にバケツリレーで定期的に手に入るというような、そんな時代でもありました。

まだインターネット黎明期でもあり、パソコンを私も購入しましたが分割払いにしてアルバイトをしながら購入したのを覚えています。そんな感じでパソコン、インターネットを使い始めたのは今から12年前になります。

というところからちまちま書いてみよう。

広告