さて、Perception Change という題目で一席を。

Perception という単語は MSN辞書 で検索をすると認識、理解ということになります。これを変更するというのは、いわゆる新しいことを知ることだったり体験することだったり日々の出来事を変えてしまうことにもなります。人間、今いる環境が快適だった場合はこれがなかなか動かず「まぁいいか」と思ってしまうことが多いとも思います。

例えばコンピュータを使う時を例に取ると「まぁ使えるしいいや」という考え方に落ち着いてしまうと、そのソフトの新しいバージョンの便利な機能を知らなかったり、興味を失ってしまう傾向にあるような気がします。なかなか面白いものでもないですから。そういうところに対して「新しいことを知ってもらおう!」という感じのことを働きかけるようなものとして使う言葉になると思います。いや、もっと奥が深いと思いますが、まぁ例ということで。

で、今年に入って「じゃぁ、実際に生活を変えるとどうなるのか?」というのを命題にいろいろやってみてます。例えば、平日は家ではビールを飲まない、朝6時に起きて会社では8時から仕事をする、iPod でいつもはアルバムを自分で選んでたけど iPod Shuffle が出たのでシャッフルモードで使ってみる、会社の階段を活用するという具合です(どれも大したことではありませんが。。)

家でビールを飲まないというのはちょと寂しいところもありますが、その分たまにいく飲み会のビールが一掃うまくなりました。それだけでなく、ビール代って思ったよりもかかってたようで、1週間に使うお金がなんか減ったような気がします(まぁ、休肝日を設定しているとしても、1日 350ml 2本ぐらい飲んでいる計算ですので単純に 500 円は減っている)。

朝6時に起きて8時から仕事、というのは電車が混んでいるかなと思いきや、実は座ってこれる感じですしギューギュー詰めではないことがわかりました。おまけに朝は他の人よりも2時間早く仕事を始めるのではかどるはかどる。あとは早く帰るようになれば、生活改善への第一歩にもつながります。もともと睡眠時間は6時間あれば大丈夫ですし、今週あたりからリズムに乗ってきて楽になりました。

iPod のシャッフルモードも「今日は何を聞こうかなぁ」と思っていたりしたのですが、もともと好きな曲が入っている iPod ですからぜんぜん問題なし、むしろ「そうくるか!」という展開が面白くて、おそらくこのまま使い続けるでしょう。

最後の「会社で外に出るとき以外、ミーティングの移動は全て階段で」というのもいい運動になっているような気がします。これもがんばろう。

どのことも思いつくのはそれほど難しくないのですが、実際にやろうと思ったらなかなか難しいものと思っていました。ただ、どれもやってみるとそれはまた違う世界があって、私にはプラスになることも多々ありました。続けることにもパワーは必要ですが、以前と違うことをするのにはパワーが必要だなぁと実感して、Perception Change というのはこういう「体験」をした話でもないとなかなかできないのかなぁとか思った、今日の朝でした。

2月は弁当を作るのでも再開しようかな。

広告