ということで、昨日のレポートです。という私はただいま石田さんの家で朝目覚めたところで、寝起きのブログですが。

まず移動では飛行機の中ではちょっと足りなかった睡眠を取って空港で石田さんと合流、一度石田さんの家に荷物を置かせてもらって、電車で一路小樽まで行きました。札幌からだいたい30分ぐらいで移動をすることができます。

到着したのはお昼過ぎだったので、ちょっと遅い昼飯ということで寿司屋に移動、軽く食べるつもりが目の前においしそうなネタがあるので思わず大将とこんな会話を。

  • 私「すみません、これ握ってください」
  • 大将「へい、こちらが朝取れたてです」
  • 私「じゃ、そちらをお願いします」
  • 大将「では、特大ぼたん海老で」

いままでぼたん海老がここまででかいとは知りませんでした。卵をかかえていたのでそれをのせてもらって食べたところ美味美味。綺麗に写真に残しておきたかったといまさらながら思いました。

あとはシャコもオスとメスで味が違うというの知っていました?大将いわく、春先がメスも大きくてうまいという話でしたが、どちらにしろメスのほうが味が濃厚で大きさも大きくておいしいということが判りました。

これらの大発見と共にお昼を食べ終わり清算をして出て行きました。あ、金額は帰宅後レシートをとってあるので後ほど。

このあとは小樽の町をうろうろします。実は2年前まで営業をしていたという小樽の日本銀行支店、ここでは 11 月 1 日(あ、もう明日だ)から発行される新紙幣のデザインと偽者を作らせないための技術を見てたくさんへぇってつぶやき、北海道で最初の線路ともなっていた手宮線を歩き、そのあと運河を歩きと散歩をしました。日本銀行の跡地にある博物館は期待せずに入りましたが、私は面白かったです。

ちょっと歩きつかれたので休憩とうことで小樽ビールを飲み、ガラス工芸品とオルゴールが小樽は力を入れているとういことで見て回りました。その途中で会社の人が喜びそうなものを1点見つけて購入、そのあとはオルゴールで冬のソナタの曲のやつがあったので、これは最近親が好きなのでそれを購入しておきました。

夜になって一度札幌方面まで戻り(琴似という町)、宴会をしました。まずは居酒屋で軽く一杯、次にバーに移動をして飲む、ということでお酒もたらふく、また楽しい会話も一杯で楽しかったです。

帰りの電車は座って移動もでき、降りる駅で石田さんが横で寝ていたので起こして、歩いて帰ればバタンキューでした。

ということで日曜日は2日目です。続きはまた後ほど。

広告